納品代行

納品代行・共同配送
納品代行

納品業務のとりまとめを行います。

納品代行とは、複数業者からの荷物を、いったんすべて倉庫でうけ、検品および指定形状にそろえた上で共同配送にて一括して納品するサービスです。








ご利用のメリット

受け取る店舗の負担の軽減・コストの削減
  • 複数の先からバラバラと送られてくるアイテムの荷受作業(受け取り、確認、並び替えetc)の負担を軽くできます
  • 納品前に、収納スペースに合わせた梱包形状や、マニュアル通りのセット内容に詰め替えることで、現地でのトラブルを未然に防止します。
入荷検品を強化
  • 現地での検品場所がない、時間が足りないという場合、事前に倉庫にて一斉検品を行った後、指定内容にセットした状態で納品します。
  • 指定ラベルの貼付などの作業を代行することが可能です。
セキュリティなど
  • 納入回数を抑えること、および配送担当者を事前登録できることで、セキュリティレベルの向上が実現できます。
  • 荷受け待ちで渋滞を引き起こしている場合、センター納品後に一括して納品する方法をご提案します。

このような時にご利用下さい

高い管理レベルが求めれるセンター運営に対し、納品レベルがまちまちな業者が来ることのリスクを防ぎます。
いったん全て検品し、均質なレベルでの納品を行うことで、お客さまの負担は軽減されます。

また、納品していただく業者様側も、納品時に特別な知識をもったドライバーを固定する必要がなくなり、業務が効率化されます。

  • サービスフロー
  • 料金例

納品代行の事例

なぜ、八光社がお客さまのニーズに応えられたのか、ぜひ事例をお読みください。

事例紹介:データセンター納品代行
各社による個別納品を、事前に物流センターで受け取って一括で納品を行います。
事例紹介:新帳票一斉配送

その他の物流サービス